できることから

bdac05962e9f5df05983218b89e6c9ec_s

いつも、体がなんとなくだるいということに悩んできました。健康は20代前半から悩んでいました。辛すぎて電車で立っていることもできなかったこともありました。
マッサージへ行ったり、養命酒を飲んだり、足湯をしてみたりと様々なことをやってきました。今でも少し体が重いなと感じる日があるのも事実です。やはり、だるさを感じてしまうと、周りの方からやる気がない様に見えてしまうのではないかと心配になり、気を張ってしまいました。それも、さらなるだるさにつながっていきました。休みの日などは連日のだるさが重なって起き上がれない日もありました。
工夫をしたことは、単純なのですが、生活のリズムを整え、食べ物の栄養のバランスを整え、体を動かす様になったことがあると思います。逆に運動しすぎてしまってだるくなるのは増えているかもしれないです。そして、やはり、気持ちの面もとても大切だと思います。ネガティヴにならないようにすることですね。心と体はつながっているので、ネガティヴな時はだるいなという感情が増してしまうこともありました。そういう時は、全て忘れて、何かに没頭したりしていました。心と体のバランスを保つことがだるさを抑えるのには効果的ではないかと思います。生活面や日常の中からも少しずつ元気を取り戻せるようにしていきたいですよね。皆さんの幸せな日々を願ってますね。

コメントを残す