敏感肌とは気づかずにいた自分

461674

若い時は気にならなかったのですが、結婚して25歳くらいから茶碗を洗うとき
顔が痒くなると感じていました。
他の人も痒くなるのだと思い、我慢しながら茶碗を洗っていました。
そのときはまだ原因がわかりませんでした。
それから5~6年経った頃、たまたま肌のテストに協力して欲しいと頼まれ
テストを受けたときに、髪の毛が顔に触れただけで痒いか聞かれました。
それで、茶碗洗いをしている時に痒くなる原因がわかりました。
敏感肌だとは思ってもいませんでした。
化粧品にお金をかけられるほど裕福ではなかったので、安い物を使っていたら
痒くなる化粧水とか、クレンジングが出てきました。
合わなくても、捨てるのはもったいないので
そのまま使用を続けていたら、どんどん顔があかくなり何もしていなくても痒くなってきたので慌てて使うのをやめました。
知人に事情を説明して、洗顔の仕方を聞き化粧品のサンプルをもらいました。
試していると、顔の痒みが無くなり、赤見もとれてきたので高かったけど知人に勧められた化粧品に変えることにしました。
洗顔石鹸は泡立てて泡で洗う感じで、擦るのではなく優しく手を当てるだけと教わりました。私は顔で泡立てていたので、刺激を与えすぎていたようです。
1~2年使った頃もう肌は強くなったと思い、前に買っていた安い化粧品を使ってみたら
2,3日後にすぐかゆくなり、思い切って捨てました。

すっぽん小町 効果

コメントを残す